【新規作成】ブラクロ・幽白のまとめ記事を作成!
PR

黒崎一護&朽木ルキア(紫BLEACH)のデッキリストと回し方|ユニオンアリーナ

ユニオンアリーナ

ユニアリ(ユニオンアリーナ)のBLEACHブリーチ 紫色の「一護&ルキア」デッキの紹介です。デッキレシピ(リスト)やカードの採用理由について解説しています。

デッキリスト

黒崎一護&朽木ルキア

今回紹介する〈一護&ルキア〉デッキは、レイド2種を擁する《黒崎一護》を主体とした、除去・ドロー・インパクトを持つベーシックなデッキです。

まず一つの魅力として、低エナジー帯に1/2500BP、2/3000BP、3/3500BPと採用でき、序中盤の殴り合いに強いです。ルーティング能力やデッキトップ操作も持ち、比較的安定して序盤の動きを進められるのもポイントです。

中盤以降は計16+4枚のBP4000(3500+500)で攻撃しにいくことができます。レイドキャラはそれぞれ異なる役割を持ち、お互いにデッキに欲しい能力をバランス良く持っています。《ルキア》は手札安定、4《一護》はドロー&インパクト、5《一護》は除去といずれもシンプルな効果です。

レイド《一護》は能力発動に、それぞれ場外のカードをリムーブするコストが必要なので、ある程度場外枚数を貯めつつ動く必要があります。そのため、2《織姫》やレイド《ルキア》で場外を貯めつつゲームを進められるように構築しています。

感覚としては、ドロー能力が増えた代わりに除去能力が減った〈紫ゼロカレン〉だったり、《宿儺の指》という不安定要素がなくなった〈虎杖宿儺〉に近い印象を受けます。どちらもスターター軸のデッキなので、意図して設計されていそうです。レイドトリガーの受けが強い点はこれらのデッキと変わらないので、デッキパワーの高さは十分なものと感じています。

このデッキの特に強力なカード

登場時に相手キャラ1体のBPを青天井に下げる5《黒崎一護》

レイド5《一護》は、登場時に相手のフロントキャラ1体にリムーブした場外枚数×500分だけBPマイナス修正を与えることができます。基本的にはBP4000のキャラを除去したく、登場時に2枚山札上から場外におけるので、差し引き6枚消費で相手アタッカーを除去できます。

コストはかかるものの、アタッカーラインまで除去できるレイド効果は数が少なく、使っていて痒い所に手が届く強力な効果となっています。

また、レイドトリガーで登場させた場合も強く、BP4000の壁が立ちながら、相手を除去するかブロック圏内のBPまで下げることでライフを守る事もできる、攻守両面に優れたレイドキャラです。レイド登場時の感覚は4《虎杖悠仁》に近く、あちらよりエナジーが重い分完全に除去できるのが強みと言えます。

余った場外をリソースに変換できる4《黒崎一護》

レイド4《一護》は、起動メイン能力で、場外を4枚リムーブする事でカードを1枚引くことができます。さらにインパクトも付くため、継戦能力と詰め能力を担保する便利な能力です。レイド《ルキア》と並び、このデッキのアドバンテージ源を担う1枚となっています。

5《一護》を連打する展開でなければ、場外の枚数に余裕ができる場合が多く、基本的に1~2回は問題無く起動できます。起動メイン能力なので、トリガーから出た場合でも問題なく使え、場に残った場合は2回目以降も起動できるのが強みと言えます。

登場時に3枚引けるレイド《朽木ルキア》

レイド《ルキア》は登場時に3枚引いて2枚捨てる能力を持つ、手札を安定させつつ場外を肥やすこのデッキの潤滑油的な1枚です。攻撃能力は持たないものの、中盤以降に欲しいカードを引き込みやすくなる能力で、使っていると強さを感じさせてくれます。

レイドBP4000なので有効アタッカーとして機能しやすく、デッキのサブアタッカーとして十分な活躍をしてくれます。また、手札を1枚捨てることで味方キャラのBPを+500できる能力もあり、BP3500の3《ルキア》をアタッカーに変える事ができるのも地味ながら重要なポイントです。

カード採用理由

0~1エナ帯

0エナ帯はレイド元2種とルーティング能力を持つ《石田雨竜》を各4枚採用しています。

《一護》と《ルキア》を変える選択肢はありませんが、《石田雨竜》の枠はレイド先と合わせて《阿散井恋次》に差し替える可能性はあります。今回のリストでは、場外枚数の不足を考えて恋次を不採用にしているため、手札を回せる石田雨竜を優先して採用しています。

1エナ帯はColor《一護》を4枚採用しています。山札上1枚を見て場外に置くかそのままにできるので、手札の質を向上させられる1枚です。紫BLEACHでは唯一の1エナレイド元枠になるので、デッキの構築しやすさを担保する1枚です。

2~3エナ帯

2エナ帯は《井上織姫》4枚と《浦原喜助》2枚の計6枚を採用しています。

2《織姫》はBP3000を持つ序盤の戦力で、登場時に場外を2枚肥やしてくれます。レイド《一護》の効果コストを序盤から稼いでおけるので、地味ながら優秀な能力です。基本的には早めに前出しして、アタックしていきたい一枚です。

2《浦原》はアクティブ2個玉サイクルの1枚です。3エナ帯の2エナ発生カードの枚数を削っている都合、5《一護》を出すのに必要な5エナを達成するために採用しています。

3《一護》はアタッカー兼2エナ発生カードで、必須の4枚となります。無条件でBP4000で攻撃できるため、シンプルに使いやすく、レイド元としてもエナジー担保としても使えるので、できるだけ手札に引き込みたいカードです。

3《ルキア》は攻撃時にルーティング能力を持つサブアタッカーです。BP3500なので序盤の壁になりつつ、レイド《ルキア》で強化すればアタッカーラインまで伸ばせるので戦力としても十分です。《ルキア》のレイド元として使えるカードが、実質0エナとこのカードしかありません。(2APルキアはいますが) ルキアは極力レイドで出したい事から最大枚数の採用としています。

Final《卍解》は4枚の採用です。手札を入れ替えやすいデッキなので腐っても処理しやすく、純粋に素早くアタッカーを並べて殴りに行きたい事もあり、減らしていません。

4~6エナ帯

このデッキのメインアタッカーであるレイド《一護》《ルキア》はそれぞれ4枚ずつの採用としています。レイド先の一護は計8枚採用しているので、ややダブつくくらい引くことができます。レイド元の方が不足しやすいため、ある程度素出ししやすくもなっています。レイド先はいずれも複数枚引き込みたいカードなので減らさず採用しています。

デッキの回し方 – 目指すべき盤面

最序盤(1~2ターン目)

序盤に高スタッツキャラをプレイしやすいのが魅力なので、序盤はブロッカーを展開しながらエナジーを伸ばしていきましょう。先手2T目までは2《織姫》をフロントに着地させられると安心です。当然ですが、手札でエナジーが伸びる見込みがない場合はエナジーを伸ばしていきましょう。

後手1ターン目は1《一護》をフロントに出す選択も取れますが、2000ステップがいない場合かつ相手が2エナ3000BPを持つデッキの場合は大人しくエナジーに置いておく方が良いでしょう。

序盤(3ターン目)

3ターン目はキャラを展開していくターンです。3《ルキア》は先手3/後手2ターン目にフロントに出して相手の3000BPの攻撃をブロックさせましょう。

先手3ターン目の場合、3《一護》をフロントとエナジーラインどちらに出すかの択が発生しますが、相手が小型で殴ってきそうなデッキなら前、そうでなければエナジーラインに登場させましょう。特にBP3000以下を除去する効果を持つデッキ相手の場合は軽率に前出しはしないようにしましょう。

中盤(4ターン目)

手札次第ですが、《ルキア》で手札を回しつつBP4000のアタッカーを並べる事を意識しましょう。1つ前の盤面から、3APで上記盤面にすることができ、4回の有効アタックができるようになります。

後は引いたカードをプレイしていく形になりますが、4《一護》のインパクトによる奇襲が大きな勝ち筋なので、選択肢がある場合は1枚は温存しておくのがオススメです。

デッキの弱点

テンポ良く除去されると厳しい展開に

ユニアリの基本戦術が詰まったデッキなので、良くも悪くも尖った所の少ないデッキと言えます。

レイド素出しはある程度できるものの、基本的にはレイドしながら盤面を作っていくので、Specialトリガー等でテンポ良く除去されると盤面が保たない場合が多いです。

リカバリー手段としては、レイド一護による除去返しだったり、そもそも《織姫》や3《ルキア》《一護》など1枚で機能するカードで攻めていく事も重要になります。

場外コストが足を引っ張る場面も

レイド《一護》の能力の場外リムーブコストが重い場面はどうしても発生してしまいます。特に《織姫》や《ルキア》が絡まず一護だけ偏って引いてしまうと十分なバリューを発揮できません。序盤から場外枚数を気にしながらゲームを進めていく必要があることは覚えておきましょう。

終わりに

ご覧いただきありがとうございました。黒崎一護&朽木ルキアのデッキ紹介でした。

スターターデッキテーマということで、かなりベーシックなデッキになっているので、シンプルで扱いやすく使いやすいテーマだと感じました。BLEACHのデッキを1個持っておきたい!という方にはまずオススメしたいデッキです。

10月上旬現在、ブースター産のSR一護がややお安めになっているので、組みたい方はお早めに確保しておくのが良いかもしれません。個人的には白哉よりも強い印象を受けています。

BLEACH関連記事

まとめ記事
デッキ解説記事
記事準備中です
タイトルとURLをコピーしました