【新規作成】ブラクロ・幽白のまとめ記事を作成!
PR

炭治郎&禰豆子デッキ(黄鬼滅)のデッキリストと回し方|ユニオンアリーナ

ユニオンアリーナ

ユニアリ(ユニオンアリーナ)の鬼滅の刃 黄色の「炭治郎&禰豆子」デッキの紹介です。デッキレシピ(リスト)やカードの採用理由について解説しています。

デッキリスト – 基本形

炭治郎&禰豆子デッキは、《炭治郎》と《禰豆子》の3種のレイドアタッカーの組み合わせで積極的にライフを攻めていくデッキです。インパクト持ちのレイド《炭治郎》で確実にライフを削りつつ、レイド《禰豆子》の能力で炭治郎をエナジーラインに下げながら打点を増やすコンボが魅力です。

うまく回ればアタッカーのレイド炭治郎を安全な場所に下げながら戦えるので、攻めを継続させやすいのが魅力です。

このデッキの特に強力なカード

インパクト&場外から禰豆子を釣れるレイド《竈門 炭治郎》

レイド《炭治郎》は、登場時に場外から3以下の《禰豆子》を回収しつつ、場に出せる能力を持つアタッカーです。実質的に手札1枚とAP1を得できるので、レイドのリソース消費を回収しながら着地できる強力な能力です。素のレイド能力でインパクト1を持っているので、この炭治郎でどれだけライフを攻撃できるかが勝敗の要となっていきます。

なお、場に出す禰豆子は場外から回収したものでなくても構いません。場外からレイド《禰豆子》を回収し、効果でレイド元の禰豆子を登場させ、その後にレイドさせる動きが理想的です。

スターター収録のレイド《竈門 炭治郎》もアタッカーとして採用していますが、こちらの能力は特別強力とは言えません。インパクトを持つのは登場時のみで、BPが上がる量も500と中途半端です。とはいえ、レイド元を共有できる点が便利なので追加のアタッカーとして十分採用圏内です。

炭治郎を守りつつ打点を増やせるレイド《竈門 禰豆子》

レイド《禰豆子》は攻撃時にフロントの《炭治郎》とエナジーラインのキャラの位置を入れ替えることができるキャラです。攻撃後の炭治郎を入れ替えることで純粋に攻撃回数を1回増やせるほか、返しのターンでの除去イベント等から炭治郎を守ることができます。

3エナジーAP1のカードなので、レイド《炭治郎》の効果で回収することもでき、3《炭治郎》効果でレイド元も盤面に供給しやすいです。炭治郎と一緒に並べないと真価を発揮できないのが難点なので、雑にプレイしないように気をつけましょう。

潤滑剤として優秀な2《我妻善逸》

2《善逸》は、登場時効果で山札を4枚見つつ、《炭治郎》や《禰豆子》を手札に加えつつ、1枚捨てる効果を持ちます。強力なレイド先を回収しつつレイド《炭治郎》で回収するための《禰豆子》を場外に落とせるため、非常に柔軟に動くことができます。最悪、終盤に不要な0エナジーの余剰札を捨てる事もできるので、序盤から終盤までいつでもプレイしたいカードの1枚です。

また、ドロートリガーを持っているため、レイドを連打するこのデッキで不足しがちな手札を補充できるのも嬉しいポイントです。

カード採用理由 

確定採用の枠

デッキの核となるのが上記の9種です。強力なレイドアタッカー2種とそのレイド元は複数枚手札に来てほしいため、最大枚数の採用です。

追加のアタッカー

採用したカード

《炭治郎》ネームを持つカードを3種、追加で採用しています。

3《炭治郎》は登場時に2以下の禰豆子を手札からフロントに出すことができます。純粋にAPを1得する能力なので機能すれば強力ですが、このカードを出す時点で手札に2以下の禰豆子が余っている状況は限られます。トリガーも無いので入れ替えうる枠ではありますが、炭治郎のレイド元にできる点を評価し、採用しています。

4《炭治郎》はColorトリガーを持つ4000BPのアタッカーです。登場時にBP3000以下を退場させられるため、相手の小型ブロッカーを排除できます。ただAction2と重く、本当に処理したいキャラを除去できないため、枚数を減らしての採用としています。

ST版レイド《炭治郎》は、追加のレイドアタッカーとしての採用です。登場ターンのみ4500BPのインパクトアタッカーになれるため、ほぼ確実にライフを1枚削っていけます。ただし、出たターンの後はただの4000BPのキャラになってしまうため、カードパワーに物足りない面があります。レイド元が不足することもあり、2枚の採用に留めています。

検討中・採用を見送ったカード

追加のアタッカーとして検討できるのはこのあたりでしょう。《伊黒》は追加の《善逸》というべき枠で、手札の質を高めながら禰豆子を場外に落とすことができます。アクティブトリガーで受けの性能もやや伸びるのも好印象です。

《天元》は2エナジー発生でエナジーラインの柔軟性が上がるほか、ステップを持つためレイド《禰豆子》での入れ替え先として使いやすいのがメリットです。ステップ持ちは移動フェイズでエナジーラインのキャラと場所を入れ替えることができるので、複数ターンに渡って打点を伸ばす動きをできます。ドロートリガーを持っているのも優秀なので、3《炭治郎》の枠に採用する可能性もありそうです。

エナジーベースの枠

採用したカード

0エナの枠には《不死川玄弥》と《村田》を2枚ずつの採用としています。インパクト無効もステップも欲しい能力ですが、何枚も欲しいというわけでも無いため現在の形になりました。

1《甘露寺蜜璃》はエナジーラインの圧縮ができる1エナのエナジー枠です。手札消費を抑えながらエナジーを伸ばせるため、手札が枯渇しやすいこのデッキとは好相性です。ただし、枚数を引きすぎると手札で処理できずに困ってしまいます。そのため、枚数を減らし3枚での採用としています。

デッキの回し方 – 目指すべき盤面

序盤(1~3ターン目)

《全集中の呼吸》無しでも、先手3ターン目でレイド炭治郎&禰豆子の盤面を作ることができます。甘露寺は動きに必須ではなく、他の低エナジーキャラでもOKです。善逸は禰豆子を場外に落とすのに必須なので、初手入れ替えの判断軸として置いておきましょう。

中盤(4~5ターン目)

4ターン目以降も動きは変わらず、手札に来たレイドキャラをテンポ良くプレイしていきましょう。基本的に攻めあるのみですが、次のターン以降でエナジー不足で動けないような事が無いように気をつけましょう。

終盤

終盤はレイド炭治郎と禰豆子を複数並べ、ライフを削り切りたいところです。善逸でレイド先を沢山探しながら戦っていきましょう。

デッキの弱点

禰豆子と炭治郎を両方引く必要アリ

レイド炭治郎と禰豆子の連携で戦うデッキなので、レイド元/先を両方バランス良く引き込む必要があります。偏ってしまうと戦線を維持できないので、事故のリスクは少々高めと言えます。

手札の枯渇が申告

レイドキャラクターを登場させるにはレイド元/先の2枚が必要です。1枚でアタッカーとして機能するカードが少ないため、並べるのはほぼレイドになり手札が枯渇しやすいです。展開しながら手札を補充できる手段も多くないため、上手く盤面を処理されてしまうと後続のアタッカーを供給できずに敗勢になってしまいます。

終わりに

ご覧いただきありがとうございました。炭治郎&禰豆子デッキは鬼滅の刃デッキの中での強デッキ筆頭で、テンポ良く攻め込んでいけるデッキです。高価めのSRを8枚採用する都合、少々お値段が貼りますが、その分強力なので是非使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました