【新規作成】ブラクロ・幽白のまとめ記事を作成!
PR

紫L’Antica(紫アンティーカ)のデッキリストと回し方|ユニオンアリーナ

ユニオンアリーナ

ユニアリ(ユニオンアリーナ)のアイドルマスターシャイニーカラーズ 紫色の「L’Antica」デッキの紹介です。デッキレシピ(リスト)やカードの採用理由について解説しています。

デッキレシピ

今回は、シャニマスvol.2にて新登場した紫〈L’Antica〉デッキを紹介します。

横展開ができる《三峰結華》、アタック時に-2000BPを付与できる《田中摩美々》、2回アタックを持つ《幽谷霧子》の3種のレイドアタッカーを扱う、BP4000アタッカーでの攻めが得意なミッドレンジデッキです。

レイドキャラがそれぞれ異なる強みを持ち、序盤から終盤まで違うアプローチでダメージを与えていける、オールラウンドな点が魅力的です。

ユニオンアリーナ シャニマス 関連商品

シャニマス[UA04]シャニマスvol2[EX03]
シャニマスシャニマスvol2
Amazon:¥4,800(37.7%OFF)Amazon:¥5,498(プレ値)
価格更新日:2023/12/30

このデッキの特に強力なカード

AP損無くレイド登場する《三峰 結華》

レイド《三峰》は、登場時に山札上5枚を見てエナジー2以下の[特徴:L’Antica]キャラを場に登場させられます。レイドによるテンポ損をせずにアタッカーが立つどころか、上手くいけば0《三峰》を2《咲耶》に変えてエナジーブーストになることもあります。

このデッキでは、キャラは全て[特徴:L’Antica]なことと、1《摩美々》や3《霧子》、4《恋鐘》によりデッキトップ操作も可能なので、効果が不発になることはほとんどありません。

《白夜叉》のような動きができる1枚で、先陣を切るアタッカーとして非常に優秀です。また、アタックしてブロックされなかった時にデッキトップを1枚落とせるオマケもあります。上手く4《恋鐘》や0《霧子》、2《三峰》を落とせればアドバンテージや追加の打点につながる事もあります。

場に残ると小型を殲滅する《田中摩美々》

レイド《摩美々》は、自身のデッキが20枚以下になると[インパクト1]を持つ効果と、アタック時に山札上から2枚を場外に落とし、落としたL’Anticaキャラの数×-1000BPを指定のキャラに付与することが出来ます。

アタックしながら相手の低BPキャラを殲滅できるため、アタッカーとして非常に貫通力が高く、盤面に残ると形成をどんどん有利にしてくれます。また、このカードの存在により、相手がBP2000以下を前に出しづらくなるため、アグロ戦術や中途半端なチャンプブロッカー展開を防ぐこともできます。

インパクトと除去能力自体は盤面に[インパクト無効]がいない限りは有効打点は増えませんが、後述の[2回アタック]を持つレイド《霧子》がいると有効な除去になります。

レイド《摩美々》+レイド《霧子》+アタッカー2体の盤面が作れると、相手の盤面が4体いたとしても低級除去+5回アタックで2ダメージが通る計算となります。

シンプル2回アタックの《幽谷霧子》

レイド《霧子》はシンプルに2回アタックを持つアタッカーです。自身の山札が20枚以下という制限があるものの、一度達成してしまえば能力が消えることはまずありません。他タイトルの2回アタック持ちが「登場ターンのみ」や「起動コストを払う」必要がある中で、常に効果を発揮できるのはシンプルながら非常に強力です。

効果が発揮できない中盤にレイドで登場させても後から効果が発揮することもあり、盤面に残るとかなりの圧を発揮します。シンプルにBP4000のアタッカーが多いため、除去から逸れる場合もあり、また他のアタッカーを除去から守る事もできるため、採用し得の1枚です。枚数を減らすリストもありますが、序中盤は素出しでも十分なので、このリストでは強気の4枚採用となっています。

アドバンテージ源かつ安定化の《月岡恋鐘》

4Color《恋鐘》はこのデッキ唯一のSRカードで、変わった能力を複数持つこのデッキの特徴的な1枚です。1つ目の能力は《恋鐘》が効果によってデッキから場外に送られた時に手札に加わるもの。レイド《摩美々》や《三峰》、4《恋鐘》の能力で《恋鐘》が捲れると、シンプルに手札が増えます

もう1つの能力は、登場時にデッキ上4枚を見て1枚場外に送り、残りを好きな順で山札の”上”に置けるもの。《恋鐘》のような効果を持つカードを落とすだけでなく、不要なカードを弾くことができるほか、その後3枚の山札上のカードを操作できるためその後の展開がかなり読みやすくなります。

自身のBPも4000あるためアタッカーとして不足なく、序中盤に連打して展開できると盤面がかなり固くなります。このデッキのアタッカー数を底上げできる、地味ながら非常に強力な1枚です。

カード採用理由

0~2エナ帯

シャニマスの紫色は[L’Antica]と[ALSTROEMERIA]の2テーマに分かれており、どちらも特徴を参照するカードが多く存在するため混在させるのはあまり得策ではありません。したがって選択肢も多くなく、使えるカードを詰めていくと自然とデッキになります

低級キャラは基本的にはレイド元になるカードを優先して採用しています。2《咲耶》のみレイド元にはなりませんが、5エナジーのレイド《摩美々》を素直に出すために2個玉キャラを8枚積むために最大枚数の採用となっています。

今回のリストでは0《霧子》と2《三峰》を1枚ずつ削っています。0《三峰》や1《摩美々》で安定感を確保できるため、低級を減らせる判断をしています。安定感を高めたいのであればレイド《霧子》を減らすなどして枠を確保しましょう。

3~5エナ帯

高エナジー帯については特に語る点もなく、強力なカードを4枚ずつ詰め込んだ形となっています。基本的には安定感を取って低級を少し増やすか、息切れをしないように4000BPを増やすかの差になるかと思います。Final《はづきアシスト》を減らす選択も考えられますが、CSなどでの連戦を見越すならオススメはできません。

採用を検討できるカード

採用を検討出来そうな順で考えると、まず3《咲耶》や2《恋鐘》といったL’Anticaの低級キャラでしょう。

3《咲耶》は効果で場外に置かれた際に場外の1エナ以下のキャラを蘇生させることができます。効果を使えればAPを使わずにキャラを展開できるため、実質Finalのような役割を持ちます。低級キャラをレイド元にできる事を考えると十分に採用圏内ですが、トリガーが無い事と自力でBP4000になれない事、レイド元にならない事の3点から採用を見送っています。 BP3500が必要な環境ではまた話は変わりそうです。

2《恋鐘》は効果で場外肥やしか場外の必要札をデッキトップに戻せます。主な採用理由は後者の能力で、場外に落ちてしまったレイド《摩美々》などのアタッカーを回収できるのが魅力です。良い能力ではあるものの、レイド元でない、トリガーが無い、BP2500と中途半端の3点から採用を見送っています。

[L’Antica]以外のカードでは《斑鳩ルカ》やイベント2種も採用候補でしょう。《ルカ》は指定したキャラにBP-2000を付与できるため、レイド《摩美々》との組み合わせでBP4000を除去しやすくなります。自身もBP4000を持つため《霧子》などの枠に1~2枚差し込む可能性は考えられます。AP2と重いのが気にはなりますが、盤面が埋まって手持ち無沙汰になることも時々起こるため、活用できる機会はあるでしょう。

イベント《やけん、なんの話~!?》は、山札上5枚から好きなカードを1枚手札に加え、1枚を場外に置けます。4《恋鐘》が捲れれば実質手札が2枚増えるため、手札補充と質向上ができる1枚です。この手のカードでは珍しくイベントも回収できるため、SpecialやFinalも探せるのは強みの一つでしょう。低級が手札でダブついたり、レイド元/先が偏る事故を改善できる1枚ではあるので、2枚程度どこかの枠に採用しても面白そうです。ただし、イベントカードなので採用するとレイド《摩美々》の2000BP減が安定しづらくなる点には留意しましょう。

《マジカル☆スカイレース》は、手札損無く、相手のフロントとエナジーラインのキャラを入れ替えることができる1枚です。基本的にはAP損なのであまり採用したくないですが、フロントの壁を退かしつつ低BPキャラを吊り出すことでレイド《摩美々》で除去して打点を通したり、相手のレイドトリガーの受けを封じる事ができます。対戦していてAPが余りそうであれば採用を検討しても良いでしょう。

デッキの回し方 ‐ 目指すべき盤面

序盤(1~2ターン目)

4000BPで攻めていくデッキなので、序盤は無理に前出しせずにエナジーを伸ばすことに集中しましょう。アクティブ2個玉の咲耶を展開して先3で4エナジーから始められるのがベストです。低級キャラは早めにレイドしたい《三峰》を優先して展開しましょう。

中盤(3ターン目)

先行3ターン目では、レイド《三峰》や4《恋鐘》を展開していきたいターンです。Finalが絡まない場合はBP4000を3面並べられるのが理想です。

中盤(4ターン目)

レイド《三峰》や2《咲耶》のおかげでAPの余裕はできやすいので、テンポ良くレイドアタッカーを供給していきましょう。《摩美々》は早い段階から連打していけるとデッキを減らしてインパクトや霧子の2回アタックに繋げやすいので、除去対象がいなくても展開していって問題はないでしょう。

デッキの弱点

4000BPの除去は苦手

《摩美々》によって低級キャラの除去は簡単にできますが、4000BPアタッカーの除去がやや苦手なデッキです。(SP以外の除去が無い他のデッキよりはしやすいですが)

そのため、BP4000を並べやすい他デッキにはトントンの戦いになるほか、毎ターン効果を使えるシステム系レイドキャラの対処が間に合わず押し込まれてしまう対面も少なくないでしょう。直近の高Tierデッキ(宿儺、紫一護、紫ギアス)にはこういったシステムキャラが居ないので不利にはなりませんが、緑転スラのような強力なターン1能力を持つデッキの対処は少し手こずりそうです。

おわりに

ご覧頂きありがとうございました。〈紫L’Antica〉デッキの紹介でした。

レイド3種と強力なアド源のアタッカーが計16枚も積める夢のようなデッキです。少しデッキトップ操作に困るだけで、実際に回していても使いやすく、簡単寄りのデッキだと思います。

少し値段が上がってしまいましたが、SRは恋鐘4枚のみで済むため組みやすく、強くて楽しいデッキとして初心者の方にもオススメの1つになっています。シャニマスvol.2BOXを購入できた方はぜひ手元のカードで組んでみることをオススメします。

シャニマス[UA04]シャニマスvol2[EX03]
シャニマスシャニマスvol2
Amazon:¥4,800(37.7%OFF)Amazon:¥5,498(プレ値)
価格更新日:2023/12/30
タイトルとURLをコピーしました