【新規作成】ブラクロ・幽白のまとめ記事を作成!
PR

爆豪&エンデヴァーデッキ(赤ヒロアカ)のデッキリストと回し方|ユニオンアリーナ

ユニオンアリーナ

ユニアリ(ユニオンアリーナ)のヒロアカ 赤色の「爆豪&エンデヴァー」デッキの紹介です。デッキレシピ(リスト)やカードの採用理由について解説しています。

デッキリスト – 基本形

爆豪&エンデヴァーデッキは、アタック時に相手キャラを退場させられる5《エンデヴァー》とレイド《爆豪勝己》を中心とした、除去ビートダウンデッキです。

アグロデッキ対策でフロントに出される小型キャラをレイド《爆豪》効果でこまめに除去し、5《エンデヴァー》のダメージ2で圧を掛けにいきます。

それぞれ素だと除去範囲は狭いですが、3《爆豪》の効果で除去可能なラインを引き上げる事ができます。複数いればBP4000ラインも除去できるため、展開が苦手なデッキだと簡単にライフを削り切ってしまうポテンシャルを持っています。

このデッキの特に強力なカード

殴りBP5500除去内蔵アタッカーのレイド《爆豪勝己》

レイド《爆豪》は、自ターン中最大BP5500になるアタッカーです。また、アタック時に相手のBP2500以下のキャラ1体を退場させられる効果を持つため、相手の小型ブロッカーを減らしながらダメージを稼ぐことができます。

除去能力は2回の発動回数制限があり、使うごとにBP上昇量も下がる点には注意が必要です。

登場時に最大3枚ドロー&ダメージ2を持つ5《エンデヴァー》

ダメージ②を持ち、登場時に手札が3枚になるように引くことができる強力なドローソース&フィニッシャーです。登場時に手札を任意枚数捨てられるので、不要なカードが手札にダブついている場合でも有効な手札を3枚まで補充できるのは非常に強力です。

また、アタック時に手札を望む枚数捨てて、枚数×1000BPまでの相手キャラを退場させられます。手札消費が激しすぎるため、それほど積極的に使える能力ではありませんが、最終盤面で確実に打点を増やしたい場面では役に立ちます。相手のメインアタッカーを直接除去するのは難しいですが、小粒キャラを除去して相手のレイドキャラでブロックさせる動きもできます。

手札を沢山引いて沢山捨てるギミックの都合、2枚目以降の価値が非常に高くできる限り連打していきたいカードです。フロントにエンデヴァーが複数枚定着するのがこのデッキの勝ちパターンと言えます。

除去能力を補助する3《爆豪 勝己》

Colorトリガーを持つ3《爆豪勝己》は起動メイン能力で次に使う除去効果のBPラインを+1000する事ができます。1回使えばレイド《爆豪》でBP3500までを、2回使えばBP4500までを除去できるようになるので、相手戦線の主要なキャラも倒すことができるようになります。

AP1で軽く盤面に出せる上、BP3500を持ち序盤の戦線としても一定の活躍ができるのも嬉しい点です。

ドロー能力持ちの追加アタッカー《ベストジーニスト》

《ベストジーニスト》はAP1/BP4000で雑にフロントに出せるアタッカーです。退場時に手札が2枚になるようにドローする能力を持つので、いざという時の不利ブロックにも使えます。

シンプルにアタッカーの数増しができるだけでなく、アクティブトリガーを持つためデッキの受け性能が上がるのも強力なところです。

カード採用理由 

メインとなるカード

攻撃の要となるカードとして、レイド《爆豪勝己》とレイド元、5《エンデヴァー》、《ベストジーニスト》を4枚ずつ採用しています。

加えて、Special枠の《榴弾砲着弾》とFinal枠の《PlusUltra》も4枚ずつの採用としています。《PlusUltra》は採用枚数を検討する枠ですが、手札を減らす理由が一定存在する事と、エンデヴァーを素早く複数枚展開したいことでAPをブーストしたい事から4枚の採用としています。

追加のアタッカーカード

3《エンデヴァー》は2エナジー生成のキャラです。登場時に手札を捨てるデメリットを持ちますが、BP4000と高く、アクティブトリガーも持っています。基本的にはエナジーに置きたい1枚ですが、エナジーが十分な場合にはフロントに移動させアタッカーとして活用できます。

2《轟焦凍》はアタック時に味方1体のBPを+500できる軽量アタッカーです。3《爆豪》などのBP3500を強化して有効アタックにすることができるのが強みです。2/3000と序盤の戦線維持に役立つサイズで、アクティブトリガーを持つ点を評価して2枚採用しています。

エナジーベースのカード

0エナジー帯には《耳郎響香》と《上鳴電気》を採用しています。

このデッキでは4~5エナまで伸ばす必要がある事と、ステップ持ちの1《爆豪勝己》や2《轟焦凍》を採用していることから、最序盤に0エナをフロントに移動させる必要があまりありません。そのため、0エナジー帯にはエナジーラインに置いて強い2種を採用しています。

《プレゼント・マイク》は各タイトルにある2エナ発生カードです。1APで2エナ発生させられる最軽量のカードな点が強力です。5《エンデヴァー》を除去されないようエナジーラインに着地させるため、エナジー2発生のカードを複数枚出す必要があることから、4枚の採用としています。

デッキの回し方 – 目指すべき盤面

最序盤(1~2ターン目)

序盤は盤面にブロッカーを1体展開しつつ、テンポ良くエナジーを伸ばしていきましょう。相手のデッキにもよりますが、この段階でライフを詰めにいく意識はせず、自身の展開とライフを守る事を優先すると良いでしょう。

序盤(3ターン目)

3ターン目にはレイド《爆豪》を着地させられます。相手の場に2500以下が出ればレイド、そうでなければ代わりに3《爆豪》などを展開していきましょう。

中盤(4ターン目)

4ターン目はフロントラインを埋めつつ、5《エンデヴァー》をエナジーラインに着地させるのが理想です。このターンまでに《PlusUltra》を1枚絡めて動く事を目指しましょう。

終盤(5ターン目以降)

終盤は5《エンデヴァー》やレイド《爆豪》、《ベストジーニスト》を供給し続けるのが理想的。退場させる能力で相手の戦線を減らしつつ、アタッカー枚数とダメージ②を押し付けて有利な展開を作っていきましょう。

デッキの弱点

BP4000が素早く並ぶデッキが厳しい

レイド爆豪やエンデヴァーの除去能力を活かせないとやや不利な展開になってしまいます。3《爆豪》+レイド《爆豪》で3500BPまでを除去できるので、4000BPが複数出されると攻撃の手が少し止まってしまいます。

並ぶのがレイドキャラであれば多少無理して除去してもテンポをとれますが、非レイドAP1が並ぶ場合は無理して除去してもアドバンテージを稼げず、敗勢に追い込まれます。一定不利が付くデッキタイプがあることは把握しておきましょう。

終わりに

ご覧いただきありがとうございました。爆豪&エンデヴァーデッキの紹介でした。

原作通りの、相手のモブを焼き払いながら攻め立てられるアグレッシブなデッキとなっています。ヒロアカの赤は、アタッカーの組み合わせ次第で色々なデッキが組めるのが面白いバランスとなっています。今回のリストに限らず、色々試して遊んでみると面白いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました